2019年11月18日

ぶんぶんウォーク2019で、今年もゲームやりました!

ぶんぶんウォーク2019(11/16、17)では、たくさんの方々にゲームで遊んでいただきました。おこしの皆さま、ありがとうございました。

このイベントには今年で4年連続の参加になりました。今年の2日間も大盛況で、盛り上がりは例年以上だったかもと思いました。いろんな方がひっきりなしにゲームで遊んでくれて、親子や兄弟姉妹、大人同士、友達同士、お孫さんとの対戦、高齢者同士の対戦・・・たくさんの人に遊んでいただき、いろんなゲームをつくってきて本当によかったと思いました。私も誰よりもゲームしっぱなしで、たくさん勝ち、たくさん負け、新しい気づきもいっぱいありました。


<会場>カフェスローの中庭で、テーブル3台をお借りしました。

bunbunwalk2019001.jpg


<ゲーム>イベントはこんな感じでした。

bunbunwalk2019007.jpg

2人ゲームの「ハッコ」と「にこキューブ」は毎年のように大人気で、その他もいろいろ遊んでもらい、イベント中に新しいゲーム「マシカケ」というのもできました。「みんないっか」の6人対戦も盛り上がって、多くの人に楽しんでもらいました。

遊んでいただいた方々、ありがとうございました。

これからも世界のゲームにできるように続けていきますので、応援いただければうれしく思います。


最後に、公式SNSの写真がとてもよく、紹介させてください。

Instagram
https://www.instagram.com/bunbunwalk/

Facebook
https://www.facebook.com/bunbunwalk.since2011/

では、また遊びましょう!
posted by FUJII Masanori at 00:00| ゲームイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

ぶんぶんウォーク2019。ゲームで遊ぼう!

週末は国分寺のお祭り、ぶんぶんウォーク2019です。

人知れずゲームをつくっている中、カフェスローでゲーム作品を撮影していたのがご縁で、今年で4年目の参加になります。3年連続でゲーム目当てに遊びにきていただいた親子などもいらして、地元の人に楽しんでもらういい機会になっています。今年もどうぞ楽しんでいただければと思っています。

長年、ひとりでゲームと向き合って生きています。そもそも生計以外は人と会わないし、テレビは14年持ってないし、ネット環境も10年断ち(今はあります)、ひたすら見て感じとったものを、ゲームに注ぎ込んでいます。そんな中、とても有り難い機会をいただきました。

さっき、イベントで使用する小さな看板をつくりました。

bunbunwalk2019game.jpg

未来の生活をちょっと楽しくするゲームです。

まだ世に出ていない、すごい(かもしれない)ゲームです。

どうぞ体験してみてください。

11月16日(土)17日(日)の10時〜16時の間、カフェスローの中庭のテーブルをお借りします。カフェはお洒落だし、物販や占いのブースもあって賑やかなので、そのついでにでもとお待ちしております。尚、私は終日ほぼおりますので、お気軽にお声がけください。


ぶんぶんウォークの公式サイト
http://bunbunwalk.com/
posted by FUJII Masanori at 00:00| ゲームお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

ゲーム新作・キリンモリのイメージ

キリンモリというゲームができました。イメージを先に載せます。

kirinmori_450.jpg

10年くらい前は、世界最小のコマ数で遊ぶ盤上ゲームをつくろうと思っていました。〇Xゲームなら2人でコマ9個。それで先手が有利というのはよろしくなく、もっと美しいものができないかなという発想ではありました。つくったのはこの辺にいろいろ載せていますが、どうなんでしょうか。まあ、ハッコはいいゲームです。なので、それに匹敵するようなものがあればいいなとは思っていました。イベントで毎回ハッコがメインというのも、作家としてはどうかなと。

それで諸々のことを考えずに、キリンモリという名前がいいなとふと思い、木林森(キリンモリ)から由来しているのですが、あれよあれよとできてしまいました。ハッコの上級編みたいな感じですが、妄想では美しいゲームだと思っています。

よくよく考えると以前こんなのをつくっていました。

ongakutai0002.jpg

これは失敗作かな。コマ数と盤のマス目数が多すぎたみたいです。失敗は成功の元と言いますが、別に改良しようとかそんなことは考えず、キリンモリができてしまいました。それより、以前つくったのがあるので、特に新たに制作することなく、イベントで使うことができます。まあ、楽しんでもらえるものが1つ増えたことはうれしいことで、感想が聞けるのもありがたいことです。

週末に、ご縁のある方はどうぞ楽しんでいってください。誰より私が楽しみますので。
ラベル:ゲーム妄想
posted by FUJII Masanori at 00:00| ゲーム妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

足利の旅で頭がよくなって、4人囲碁ができた。

ゲーム作家とは自称であり、普段は仕事、旅、仕事、美術館、仕事、睡眠・・・と、何にもゲームをつくっていません。考えてもできないから、とにかく見て周って、閃きがくるのを待つだけです。実際、この10カ月近く、一つもゲームをつくっていません。前回の制作は、タイ・パタヤで後頭部を七針縫って、記憶の一部を失くしてしまい、そのおかげで数学の能力が抜群によくなって、それでゲームができたというものでした。その能力も徐々に薄れていき、もう何もできなくなったのが今年です。

先日、足利学校に行ったことがよかったのかもしれません。旅から帰ると頭がよくなっていました。そこで、コンペの応募文、これは先月書いていましたが、それを修正して提出しました。内容は年始につくった以下WEBサイトのコンテンツの一部が元になっています。
https://fujiimasanori.blogspot.com/

元になっています、というのは、けっこう間違いを見つけ、それを修正しました。能力が薄れている時につくったものはやっぱりだめです。今回は11月末締め切りでしたが、11月5日にさっさと提出しました。そうしたら勢いがついたみたいでよい流れがきました。コンペとは別に、4人囲碁はこんな感じの方がいいかなと思いついたので、wordの落書きを以下に載せました。

shin4ningo000001.jpg

絵が分かりずらいので、時間がある時に手描きしようと思っています。ルールは五路盤×5枚で勝負を競うというもの。赤枠でAとCが競い、青枠でBとDが競い、4人で決着をつけるというものです。何度か書いていますが、囲碁を一度もプレーしたことがない人がつくった4人囲碁なので、妄想だらけかもしれませんが、いろいろつくった4人囲碁の中では、一番シンプルで分かりやすいかなと思っています。


頭がよくなったことに便乗するように、もう一つゲームを思いつけました。「キリンモリ」というゲームです。じつは名前のイメージが先にできて、その語感を元につくりました。一人あたりコマ三個しか使わない、ものすごくシンプルな2人盤上ゲームです。たぶん3人でも4人でもできそうで、2人が基本です。次の記事にイメージを載せようと思っています。私の妄想ではなかなか面白く、次のイベント「ぶんぶんウォーク」でお披露目しようと思っています。

もうゲームをつくる能力は閉じてしまいました。そろそろイベントの準備をします。
ラベル:ゲーム妄想
posted by FUJII Masanori at 00:00| ゲーム妄想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

次の旅は、鹿島神宮&サッカー観戦です。

今日チケットを取りました。

鹿島アントラーズVSヴィッセル神戸@カシマサッカースタジアムです。

このスタジアムには初めて行くことになります。鹿島は今日負けたとはいえ、まだ優勝の可能性があり、行く日はホーム最終戦です。迎えるはヴィッセル神戸で、今度こそイニエスタが見たい!今まで3度ふられましたので・・・。

clubworldcup0001.jpg
(写真はクラブワールドカップ決勝時のもの)

クラブワールドカップ決勝を観戦した時に、サッカーって面白いとあらためて思い、しばらくお休みしていたサッカー観戦に、たまにですが行くようになりました。サッカーのスタジアムも好きで、その雰囲気も楽しみにしています。


そして、旅の目的はもうひとつあって、鹿島神宮への参拝です。

ここへは2008年の元日以来で、12年ぶりになります。

2008年の元日に面白い挑戦をし、それは元日の24時間で有名な神社にどれだけ参拝できるかというものでした。青春18切符1枚を使って、当時住んでいた目黒からスタートさせました。行ったのは、明治神宮→成田山新勝寺→香取神宮→鹿島神宮→千葉神社→川崎大師→大宮氷川神社→東京大神宮(閉まっていましたが)→神田明神→目黒・大鳥神社です。24時間の移動と行列待ちの連続で、けっこうくたびれましたが・・・。その時の鹿島神宮はとてもよかったので、今度はじっくりと参拝したいと思っています。

旅程はこんな予定です。

11月29日(金)新橋駅18時6分発 → 鹿島神宮駅20時29分着(JR横須賀線・鹿島神宮行き)

26駅あって2時間23分かかりますが、東京駅からバスで行くよりも、こっちの方がよさそうな気がしています。そして鹿島に泊まって、翌朝はじっくりと鹿島神宮を参拝して、昼からはサッカー観戦。こんな感じにしようと思っています。


旅はクリエイティブな閃きが生まれる元になると思っています。じつは先日の足利旅の後、ゲームのアイデアが2つ生まれました。それは次の記事あたりにします。

posted by FUJII Masanori at 00:00| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

舘林美術館は素晴らしい建築(日本一!)

11月3日のこと。足利の帰りに、群馬県立館林美術館に行ってきました。

ここは初めてです。

で、かなり驚きました。

それは、建築の素晴らしさにです。今まで見てきた日本の美術館の中で、一番素晴らしい建築だと思いました。日本一!です。

今までにすごいと思った美術館建築を2つあげるならば、十和田市現代美術館(記事:十和田!)と横須賀美術館(記事:横須賀美術館)です。前者は雪景色合わせて最高クラスの美しさで、後者は海の景色も合わせて抜群の気持ちよさでした。もっと大きな美術館だと、金沢21世紀美術館、北九州市美術館、大分県立美術館辺りが上位に入ってきます。ですが、どれも日本一と言う程ではなく、この建築大国の日本にして、どうも決め手に欠くというもどかしさを感じていました。

それで、やっと見つけたのが舘林美術館です。

tatebayashi0003.jpg
美術館が目立つことなく水平的に存在していて、衝撃的でした。

tatebayashi0004.jpg
カーブしている小径、建築、小川。入口に向かう時は、美術館の存在をしっかりと感じることができます。

tatebayashi0005.jpg
「ピカソ展−ゲルニカ[タピスリ]をめぐって」を見てきました。

tatebayashi0006.jpg
三日月のようなカーブは建築だけでなく、川や道など、敷地全体で幾重にも描かれて、全体の美しさをつくりだしています。

tatebayashi0007.jpg
これは建物奥にある別館。ちょっとしたアクセントになっていて、鑑賞者を楽しませてくれます。

tatebayashi0008.jpg
小高い場所に行くと建築全体を把握できます。

大地に溶け込んだ建築に衝撃を受けました。 建築設計は第一工房(代表・高橋てい一)さん。この方の建築を探してみると、白河市立図書館(記事:福島巡り(3)白河のお城)がありました。

shirakawa0002.jpg
(白河市立図書館:撮影は2017年3月)

ここもいい図書館でした。


舘林美術館へは、多々良駅から徒歩で行きました。その途中で見つけたお蕎麦屋さんが気になって食べてみました。

tatebayashi0002.jpg
「ことぶき」というお蕎麦屋さんで、とてもおいしかったです。多々良駅から歩いて行く方には、おすすめです。


それにしても舘林美術館は素晴らしかった!
ラベル:建築 美術館
posted by FUJII Masanori at 00:00| 美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

足利よいとこ、一度はおいで!

11月1日〜3日の2泊3日で、栃木・足利に行ってきました。

足利の街は趣があって、とてもよかった!

鑁阿寺や足利学校、あしかがフラワーパークなどの名所だけでなく、街の雰囲気もよかったし、お食事処で地元の人との交流もできたし、こんなに素敵な街はなかなかないかも。個人的には、関東で一番素敵な旅になったと思ったくらいです。

せっかくだから、これから足利に旅する人の参考になればいいなと思い、「足利よいとこ」を8つに分けて書くことにしました。


足利よいとこ1:東京から近い!

ashikaga0001.jpg

浅草から東武特急りょうもう号に乗りました。18時10分に出て、19時33分着。こんなに近いなんて今まで知りませんでした。これぐらいなら仕事帰りにふらっと行けます。浅草、東京スカイツリー、その先の先の方に足利市駅があり、これを含めた旅程にすると、海外の観光客にも喜ばれそうだと思いました。



足利よいとこ2:夜もきれい!

地方都市に行くと、夜やることないな〜と感じることもありますが、足利は退屈しません。

ashikaga0004.jpg
通りがかりの足利学校。外から見るだけでもとてもきれいでした。

そして足利織姫神社です。
ashikaga0008.jpg

ashikaga0007.jpg

ashikaga0006.jpg
神社って普通は夜は行けないのですが、ここは違います。階段も灯りに照らされて、夜景もいいし・・・とても素敵で、前衛的な神社だとも思いました。織姫という名前もいいです!

路地裏には渋いお店を所々にあって、それが何とも趣があります。そしてイルミネーションの季節は、夜のあしかがフラワーパークも楽しめ、夜も楽しい街だと思いました。


足利よいとこ3:地元の人との交流が楽しい!

足利の地元のお店は、どこでお食事しても店主さんやお客さんが声をかけてくれて、楽しい時間を過ごせました。

ashikaga0054.jpg
飛駒屋さん。お店に入ると、ここにどうぞと言われて、店主ご夫妻やお客さんとお喋りすることになりました。足利のことをいろいろ教えてもらったし、食事もおいしいし、こういうのは旅の醍醐味です!この夜はまぐろと蕎麦をいただき、お昼は鑁阿寺内で出店をされていて、イモフライをいただきました。どれもおいしかったです。

ashikaga0057.jpg
中国料理の揚姫楼さんは、深夜3時まで開いている貴重なお店です。ここでもいろいろ話せて楽しい時間を過ごせました。特に店主さんの料理や健康へのこだわり話が面白かった!鹿の角とか、木の皮とか、いろんなものを触らせてもらったりとか、いろいろ楽しかったです。ちなみに注文したのはスーラータンメンで、とてもおいしかった!写真の3ショットは、店員さんとお客さんと私です。



足利よいとこ4:見どころがコンパクト

コンパクトな街は、世界中の旅人にとても好評で、足利はまさにそうでした。以下の3つの名所は徒歩圏内で、その近くの街並みもよかったです。

<足利学校>
ashikaga0024.jpg

ashikaga0025.jpg
足利学校はとても美しく復元されていて、国宝の印刷書物も見れたりと、素敵な場所でした。

<鑁阿寺>
ashikaga0019.jpg
国宝なのに庶民的でもあります。

ashikaga0020.jpg
鑁阿寺の大銀杏。光のイタズラで顔が・・・。

<足利織姫神社>

ashikaga0011.jpg
七色の鳥居もありました。

ashikaga0060.jpg
11月3日のお祭りの日の写真です。ここには三回参拝し、とてもいい雰囲気でした。



足利よいとこ5:値段が安いです。

よく旅をしている身としては、値段が安いことはとっても大事なことです。近年は観光地の宿代や食事代などが高騰しているみたいですが、足利は違いました。

ashikaga0013.jpg
神社から撮った足利タウンホテル。ここに2泊しました。部屋には風呂・トイレもついて、大浴場までついて素泊り1泊3900円(消費税10%込)はお安い!

ashikaga0062.jpg
前出、ひこまやさん(鑁阿寺内・昼)でイモフライをいただきました。大串5本で400円也。



足利よいとこ6:あしかがフラワーパーク

地元の人に聞いた話では、栃木県内で一番観光客の多いのは日光だけど、日光は社寺や滝や湖を合わせているので、単品だとフラワーパークなんだそうです。イルミネーションは、普通は都会の業者さんがつくるらしいのだけど、ここでは地元の人を雇用して製作しているのだとか。とにかくすごいイルミネーションでした。

ashikaga0032.jpg

ashikaga0036.jpg

ashikaga0042.jpg
行ったのは11月2日で、イルミネーションの開始日でした。じつは台風被害で開始を延期して、復興の努力の初日に行かせていただくことになりました。そういうのも含めて、すごいものを見させていただきました。



足利よいとこ7:昭和レトロな街並み

いろんな名所も面白いのですが、一番感激したのは足利の街並みでした。特に大通りから少し入った路地裏のような場所に、渋いお店が所々にあるのが何とも趣があってよかったです。昼も夜も歩くのが楽しい街だと思いました。

ashikaga0010.jpg
この銭湯は、映画の撮影にも使われて有名みたいです。

ashikaga0017.jpg

ashikaga0015.jpg
路地裏には所々に渋いお店があって、もっと写真を撮っておけばよかったと・・・。



足利よいとこ8:探せばいろいろありそうです

ashikaga0031.jpg
あしかがフラワーパークの近くの栗田美術館に行ってきました。お城みたいな美術館もすごいのですが、ここの喫茶室がとても趣があって気に入りました。

ashikaga0058.jpg
足利商工会議所は、昔の足利銀行の本店だった場所にあります。地下の金庫室はミュージアムになっていて、かっこよかったです。

ashikaga0065.jpg
地元の人に教えてもらって、レンタサイクルで行ってきたのが、渋谷スクランブル交差点を再現した映画セットです。「唐人街探案3」という世界的に大ヒットした中国の映画の撮影に使われたそうで、どうやら解体予定みたいです。もしこれが保存されて一般開放されたら、すごい観光スポットになるのではと思い巡らせてしまい、あのスクランブル交差点で悪ふざけしてみたいとか・・・。そういうのをかなえてくれる夢の場所になればいいなと思いました。


ということで、足利のよいところを8つに分けて記事にしてみました。

その他に、おいしいものもいろいろ食べたし、知らないことばかりですが、2泊3日の旅で感激したことをまとめてみました。

最後に一言、足利への旅はとてもおすすめです!
ラベル:関東
posted by FUJII Masanori at 00:00| 旅する(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

ゲームで遊ぼう!ぶんぶんウォークのお知らせ。

今年も国分寺のお祭り、ぶんぶんウォークに参加します。

それで、公式サイトを見ていたら、こんな写真を発見してしまいました。

bunbunwalk2019.jpg

自分の写真が出てくると、びっくりしますね。何だかお恥ずかしい・・・。
写真は以下の記事に掲載されていて、フェイスブックはやっておらず、何だか恐縮です。
https://www.facebook.com/bunbunwalk.since2011/posts/404261173592156:0

あと25日と書かれているのは、これは開催までのカウントダウンです。
公式フェイスブックの中の、あと25日の記事に出ているというわけです。
https://www.facebook.com/bunbunwalk.since2011/

イベントを盛り上げている方々、ありがとうございます。
当日ご縁のある方々、どうぞ楽しんでいってください。
お代もかかりませんし、お気軽に立ち寄っていただけれたらと嬉しく思います。
ではでは、今年もいっしょに遊びましょう!

日時:11月16日(土)17日(日)10時〜16時
会場:国分寺・カフェスローの中庭
posted by FUJII Masanori at 00:00| ゲームお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

次のゲームの挑戦は、KLMオランダ航空|KLM 100 challenge ビジネスアイデアコンテスト

いいゲームをつくりたい!世界のゲームにしたい!

いつもそう願っています。

今月、北九州に帰省して、けっこうヘトヘトで東京に戻ってきたとき、ふと見つけて嬉しくなったことがありました。それは、

KLM 100 challenge ビジネスアイデアコンテストです。
https://klmjapan.jp/100challenge/

「創立100周年を迎えるKLMオランダ航空は、サステナブルな未来の実現に向けたビジネスアイデアを、スタートアップ企業、団体、そして個人の方から幅広く募集します。」と書かれています。

これはいい!旅好きで航空会社というのもいいし、オランダというのも何だかとてもいい。

いつもは人生最後くらいの気持ちで挑戦していましたが、今回は変えて、人生最初という気持ちで取り組むことにします。こういう機会があることは、とても嬉しいことで、これから練っていくことにします。今年はまだまだこれからです!
ラベル:ゲーム提案
posted by FUJII Masanori at 00:00| ゲーム提案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

次の旅は栃木・足利へ。あしかがフラワーパークに行ってきます。

次の旅は栃木・足利で、こんな計画でいます。

<11月1日(金)>
・夜、浅草から特急りょうもうに乗って、足利へ。
・天気が良ければ足利織姫神社から夜景を見ようかと。
(足利泊)

<11月2日(土)>
・国宝・鑁阿寺(ばんなじ)に行く。
・日本最古の学校、足利学校に行く。
(ちょっと移動して)
・世界屈指の陶磁美術館という、栗田美術館に行く。
・日本三大イルミネーションの1つで、CNN「世界の夢の旅行先10か所」の1つ、あしかがフラワーパークに行く。
(足利泊)

<11月3日(日・祝)>
・足利織姫神社のお祭りを見る。
・鑁阿寺(ばんなじ)のお祭りを見る。
(そこそこ移動して)
・群馬県立館林美術館に行ってから帰路へ。


足利に行こうと思ったキッカケは、あしかがフラワーパークのイルミネーションだったのですが、今回の台風被害にあわれています。

台風19号の影響によりイルミネーション「光の花の庭」は
10月26日(土)開催予定を11月2日(土)に順延が決定いたしました。
(あしかがフラワーパーク公式サイトより(2019/10/21))


11月2日(土)は前々から決めていて、イルミネーションの開始日に行くことになりました。これはとても有り難いことで、ボランティアの方々含めて懸命に復旧活動をされている、その開始日に行くことができるのです。こんな運に恵まれたからには、思いっきり楽しんでこようと思っています。

img10.jpg
(画像は公式サイトより借用)
ラベル:関東
posted by FUJII Masanori at 00:00| 旅する(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする