2019年10月16日

ウラジオストク 1日目:飛行機から見えた雲、初日の夜

10月11日〜15日までロシア・ウラジオストクへ行ってきました。

ウラジオストクは街並みも自然も美しくて、見どころがコンパクトで夕陽も素晴らしい!おすすめは後でまとめることにし、まずは旅の初日のことから書きます。


東京駅からバスで成田空港第1ターミナルへと向かいましたが、なんとバスの中で寝過ごしてしまい、バス停ではないところで一人降ろされることになりました。バスで寝過ごす人はあまりいないかもしれませんが、ウラジオストクでも2度寝過ごして、運転手さんに起こされてしまいました。この街はバスの終着駅に見どころがいろいろあって、そういう人(?)にもおすすめです。

そうして成田空港に着きました。第1ターミナルの南ウイングで迷っていたら、ANAの職員さんがわざわざ近づいてきてくれ(しかも美人!)、北ウイングだと教えてくれました。それからロシア・ルーブルを少し変えておこうと三菱UFJ銀行を見ていたら、うちは扱っていなくて、あっちやこっちは扱っていますよと教えてくれました。他社のことをわざわざ教えてくれるなんて、日本って何ていい国なんだと、ちょっと感激しました。ちなみに1700ルーブルを100ルーブル×17枚で両替してもらいました。ウラジオストク空港のATMは細かい紙幣が出るとの情報もありましたが、私が使ったのは1000ルーブル単位でしか出てこなかったので、成田で入手しておいてよかったです。

vladivostok1001.jpg
成田空港でのお昼ごはんは、スープストックトーキョーの東京ボルシチとカレーにしました。ロシアに行く前だし、ちょっとでもボルシチです。


vladivostok1002.jpg
機内の軽食はサンドイッチでした。機内は日本人が多く、チキンとベジタブルではチキンを選ぶ傾向があると思いました。これは発音しやすいからに違いないと勝手に思い、発音しづらい、ベジタブルとウォーターを注文しました。ほんの些細なチャレンジですが・・・。

いつものように窓側に座り、外の景色を見続けました。飛行中、ず〜っと雲が続き、雲が織りなす光と影の造形があまりに美しくて、感激しっぱなしでした。

vladivostok1004.jpg

vladivostok1005.jpg

vladivostok1009.jpg

ウラジオストクのほんの手前で雲が消えました。

vladivostok1010.jpg
た、大陸だ!人が祈っているのような大地が見え、身震いするような感激でした!

vladivostok1011.jpg
この街だけ雲がない・・・。

vladivostok1012.jpg
空港からホテルへは事前に予約していた車で移動しました。夕陽が素晴らしい!

vladivostok1013.jpg
ホテル近くの鷲の巣展望台にさっそく向かいました。全部で10回行ったので、初日はこの一枚だけにしておきます。旅はどこを拠点にするかも重要で、今回は展望台の近くで大正解でした。


適当にバスに乗って街中に行き、夕食はローシキ・プローシキというレストランでいただきました。

vladivostok1014.jpg
やはりロシアと言えばボルシチ。この街で食べられることがうれしい。

vladivostok1015.jpg
これはペリメニという料理。中華をロシア風にしたような食感で、説明になっていませんが・・・。

アジアに近いせいか、とても親しみやすい味だと思いました。

その後、街を散策してからホテルに戻りました。タクシーにホテル名を言っても伝わらなかったので、鷲の巣展望台までと伝え、再び展望台の景色を見ました。

vladivostok1016.jpg
泊まったホテルのEagle House Innは、鷲の巣展望台から程近い場所で、設備も申し分なくリーゾナブルでした。それにこの立地のおかげで展望台に10回行けました。

vladivostok1017.jpg
海外のホテルではテレビをちょくちょく見ます。ロシアでは言論統制的な番組(?)はないみたいです。サッカーの試合を見て、写真は代表監督でしょうか。


翌朝は鷲の巣展望台に朝日を見に行きました。
ラベル:夕陽 ヨーロッパ
posted by FUJII Masanori at 00:00| 旅する(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする