2019年10月17日

ウラジオストク 2日目(1):鷲の巣展望台の朝日、サーカス

鷲の巣展望台に朝日を見に行きました。

vladivostok2001.jpg
ホテルから近いのが有難く、朝も景色がきれいでした。

vladivostok2002.jpg
先客は、ロシアの女性1人のみ。

vladivostok2003.jpg
朝から女性1人で朝日を見ていて、何とも素敵でした。

vladivostok2004.jpg
展望台はずっと2人っきり。寒いね!と言うと、そうでもないみたい。美しいね!うん、美しい。ほんと美しい。あとはとりとめもない会話をして、とても印象的な時間を過ごせました。

そして、ホテルに戻る前に撮ったのが、

vladivostok2005.jpg
マンホールです。昨夜、すぐ足元に穴を見つけてビックリしました。マンホールはともかく、夜の鷲の巣展望台は足下がデコボコしていて、懐中電灯が役立ちました。


この日は朝から美術館巡りをする予定でしたが、どうも体調がすぐれず、ホテルで寝ることにしました。そして昼の12時から始まるサーカスへと予定を変更したのですが、これが大正解でした。

vladivostok2006.jpg
ケーブルカーで下りました。

vladivostok2007.jpg
サーカスは体育館みたいなところかと思いきや、近代的な建築物でちょっと驚きました。写真の2階部分から入ろうとすると、下から入場してと係り員さんからジェスチュアで促されました。

vladivostok2008.jpg
ロシアのファミリーの来場者が多く、ほのぼのとした雰囲気がよかったです。

vladivostok2009.jpg

サーカスが始まりました!

vladivostok2010.jpg
想像していたイメージと違って、サーカスをモチーフにしたエンターテイメントのショーのように思いました。光の演出もいいし、専用劇場の雰囲気も抜群でした!

途中休憩があり、

vladivostok2011.jpg
ついさっきショーで使われた動物やバイクとの撮影会も行われていました。

vladivostok2012.jpg
建物内からの景色も素晴らしかったです。

さて、後半が始まり、

vladivostok2013.jpg

いろんな演目があって楽しかった!行って本当によかったです。

そして、最後の最後に衝撃的なフィナーレが待っていました。

vladivostok2015.jpg

終演するとみんなステージに集まりだし、出演者さんとの写真撮影が始まりました!こんなのありですか!すごい!まるで、お祭りのフィナーレのようだし、温かみがあるし、最高のエンターテイメントでした!

ここで元気を回復し、この後は美術館巡りを始めました。
ラベル:ヨーロッパ 朝日
posted by FUJII Masanori at 00:00| 旅する(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする